メリットデメリット

インビザラインのメリット

透明で目立たない

インビザラインでは透明でとても薄いマウスピースを使用します。
装着しても金属製のワイヤー矯正装置のように目立たず、違和感も少ないため、これまで同様、会話やコミュニケーションを楽しめます。

自分で着け外しができる

自分で着け外しができるインビザラインは患者様ご自身が定期的にマウスピースを交換することで矯正治療を進めていきます。
食事やブラッシングなど必要なときには外すことができるので、お口の中を衛生的に保てます。

装着時の痛みが少ない

装着時の痛みが少ないインビザラインが1個あたりのマウスピースで歯を移動させる距離はほんのわずかです。歯の移動の幅が短いので、ワイヤー矯正のように大きな力が歯にかかることがないため、痛みや違和感が少なくて済みます。

金属アレルギーの人でも安心

金属アレルギーの人でも安心金属アレルギーの方は、歯科治療にいわゆる銀歯(金銀パラジウム合金)を用いることができません。矯正の場合も、金属のワイヤー矯正は適応できません。
金属を使用していないインビザラインなら、アレルギーの心配はなく、安心して治療にのぞめます。

インビザラインのデメリット

患者さまご自身で管理が必要

(インビザラインのデメリット)インビザラインはワイヤー矯正のように固定されておらず、自分でマウスピースを交換して治療を進めていきます。
それはとても便利な一方、患者さまがご自身で装着時間をきちんと管理しないと、治療の効果に影響してしまう可能性があるということになります。

まれに適応できない症例もある

まれに適応できない症例もある当院の院長はインビザラインの治療歴が長く、ほとんどの症例をインビザラインで対応可能です。
しかし、顎の切開手術を必要とするなど、インビザラインのみでの治療が難しい症例の場合は、当院で提携している医療機関をご紹介させていただきます。

一番上に戻る
一番上に戻る
  • TEL.093-621-3804
  • お問い合わせ
9:30~13:00 / 14:30~20:00  休診:木(午後)、日
※火曜は19:00まで、土曜は17:00まで
オフィシャルサイト
  • ACCESS福岡県北九州市八幡西区西神原3-29
  • TEL093-621-3804
診療時間
09:30~13:00
14:30~20:00

昼休み 13:00~14:30
…19:00まで …17:00まで

オフィシャルサイト
矯正⻭科サイト
インプラントサイト
覚悟の瞬間
ザドクターズ
ストーリー