お子さまのマウスピース矯正

インビザラインは、お子さんのための矯正装置も取り揃えています。6歳から11歳を主に対象とした「インビザライン・ファースト」、10代を対象とした「インビザライン・ティーン」を当院では提供しています。
お子さんの歯の矯正は、大人の矯正とは大きく異なる点があります。
お子さんの場合、歯が並ぶスペースを確保するため、まず顎の大きさを広げる第1期治療を行い、その後、歯をきれいに並べる第2期治療を行うということです。
第1期治療は6~11歳、第2期は12歳以上が対象年齢の目安です。

インビザライン・ファースト

対象年齢目安6~11歳

インビザライン・ファーストインビザライン・ファーストは、対象年齢は従来の第1期治療にあたる6~11歳です。
インビザライン・ファーストの特徴は、「顎の大きさを広げる」ことと、「歯を動かしてきれいに並べる」ということを同時に行うことができます。
つまり、これまでは別々の時期に行うことが必要だった治療を同時に進めることができるのがインビザライン・ファーストの最大の特徴です。
ただし、インビザライン・ファーストを使用するには、「第一大臼歯が萌出している」などの諸条件をすべて満たすことが必要ですので、まずは当院までご相談ください。

インビザライン・ティーン

対象年齢目安12~16歳

インビザライン・ティーン中高生のお子さんについては、保護者の方が矯正治療をさせたくても、本人が目立つ矯正装置を嫌がるために矯正ができないケースがよくあります。
周囲に気づかれにくいインビザラインは、思春期のお子さんも自ら積極的に取り組める矯正治療です。また、ワイヤー矯正に比べるとスポーツや吹奏楽などの部活動や趣味への影響が少ないこと、取り外しができるので歯のメンテナンスがしやすいことも大きなメリットです。
12歳以上のお子さんを対象とした矯正治療インビザライン・ティーンは、治療開始前のコンピュータによるシミュレーションで、生えてくる歯の大きさを予測してスペースを作るため、乳歯がすべて抜けていれば、永久歯が完全に生えそろっていない状態でも矯正治療を始めることができます。
また、インビザライン治療を成功させるには、規定の装着時間を守ることが重要です。 インビザライン・ティーンは装着時間に応じて色が変化するようデザインされていて、歯科医師や保護者の方が、お子さまのアライナー装着時間を視覚的に確認できる機能を使うこともできます。
マウスピースの破損や紛失に備え、インビザライン・ティーンは無償交換ができる保証システムがあるので安心です。

一番上に戻る
一番上に戻る
  • TEL.093-621-3804
  • お問い合わせ
9:30~13:00 / 14:30~20:00  休診:木(午後)、日
※火曜は19:00まで、土曜は17:00まで
オフィシャルサイト
  • ACCESS福岡県北九州市八幡西区西神原3-29
  • TEL093-621-3804
診療時間
09:30~13:00
14:30~20:00

昼休み 13:00~14:30
…19:00まで …17:00まで

オフィシャルサイト
矯正⻭科サイト
インプラントサイト
覚悟の瞬間
ザドクターズ
ストーリー